« 元町商店街 | メイン | 日帰りスノボー »

特徴  

薬剤と湿熱(クリープとガラス化)でウェーブを形成するので、
毛髪の負担を最小限に抑えてウェーブを作ります。

air weve本体で温度・水分をコントロールし
キューティクルを整えながらウェーブを作るので、
手触りがよく柔らかいカールになる


%A5%A8%A5%A2%A1%BC%A3%B3.jpg


毛髪の「温度と水分量」の最適なバランスを、 空気の力を使ってコントロール。

この原理を毛髪に応用したのが、「air wave」です


%A5%A8%A5%A2%A1%BC%A3%B1.jpg


利点  

毛髪内の CMC とコルテックスを air weve 本体でゆっくり移動させ
形状記憶させるので、 コールドパーマに比べ手触りが柔らかく、もちがいい
    
低温(湿熱)での形状記憶なので、熱によるタンパク変性を起こさずパーマを固定

欠点  毛髪内に CMC が残っていない(過度のダメージ)ともちが悪い
   (ダメージ部分をきちんとCMCケラチン コラーゲンなどで補修してから、施術を行います)

クリープとは
「一般に、物質に一定の温度や応力がかかり続けたときに生じる変形。」

ガラス化とは、
「温度と湿度の低下によって物質が柔軟なゴム状態からガラス状態になること。」

コルテックスとは
「毛髪内の80%を占める細胞」

CMCとは
「コルテックス同士をつないでいる物質」

タンパク変性とは
「強い熱により、髪の主成分であるたんぱく質が固まってしまう現象。
イメージとしては、生卵がゆで卵になった状態です。
ゆで卵が二度と生卵に戻らないように、タンパク変性してしまった髪は元には戻りません。」

パーマは すごく進化しました(^_-)

なるべく髪に負担をかけずに 綺麗なスタイルを・・・

僕らの永遠のテーマですねm(_ _)m


GOZU★MASAYUKI でした
pic01_3.jpg

ゴズBLOGはこちら
http://ameblo.jp/forest-gozu/


045−212−2610

FOREST オフィシャルHP
http://www.forest-hairdesign.co.jp/